聖マリアの無原罪教育宣教修道会では、子どもたちや若者たちがキリスト教的教育を通して真の幸福を見つけられるようお手伝いしています。

 

福音の分かち合い

 
フォーム
 
人間の心から、悪い思いが出て来るのである
2015-08-30
マルコによる福音 7章 1−8、14−15、21−23節

今日の福音でのファリサイ派への批判は、昔の人の言い伝えばかり守っていることに対するものでした。食事の前に手を洗うことや市場から帰ったら体を洗うというのは、衛生上良いことです。どんな食べ物が衛生上きれいで、何が食中毒を起こしにくいか、昔の人は経験からそれを知っていて、言い伝えとして残したのでしょう。だから、これらは良いことなのですが、これらを宗教的なものとして捉え、そうすることで自分は救われ、天の国へといけるのだと教えていることに疑問をもったのでしょう。イエス様は、手や体を清めるのではなく、心を清めなさいと強調されました。人を汚す罪は、手や体(外のもの、他者や出来事)ではなく、自分の心の中から湧き出てくるものなのだから、どんなに手や体を清めても、外のものを排除しても、他者や出来事のせいにしても、自分の罪を取り去ることはできません。そんな話としてこの福音箇所を読みましたが、表面よりも内面を重視したいという意味でも考えさせられました。どんなに優しそうに振舞っても、どんなに聖堂で祈っていても、自分の心の中はいったいどうなっているのか、何を考えて人に親切にし、どんな心で祈っているのか、突き詰めれば突き詰めるほど、難しい課題に思えてきます。
 
2015-08-23
ヨハネによる福音 6章 60−69節

多くのユダヤ人は、「自分の肉を食べ、自分の血を飲みなさい」というイエス様の言葉につまずき、離れていきました。ユダヤ人に限らず人間の肉を食べることはとんでもないことですが、ユダヤ人にとってはそれだけでなく、人間の血でなくても、動物の血を飲むということは律法に反することで、もっととんでもないことだったのです。これがご聖体のことであると知らない人にとっては、離れていくのは当然のことです。しかし、イエス様はご整体のことを話しており、キリスト信者である私たちは、イエス様の肉はまことの食べ物、イエス様の血はまことの飲み物であると、信じています。そして、それが永遠の命に繋がることも。さらに、今日の福音では、イエス様の言葉は、霊であり、命であると言っています。肉と血だけでなく、言葉も命なのです。イエス様の存在すべてが、私たちを生かす命なのだと考えさせられました。最後には多くの弟子たちも離れ去って行きましたが、12の使徒だけは、イエス様のもとに留まりました。使徒たちを代表して言ったペトロの言葉に惹かれます。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」
 
このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる
2015-08-09
ヨハネによる福音 6章 41節−51節

命のパン、生きたパンについての福音がしばらく続いています。永遠の糧、飢えることのないパンについて話す場面が他にもありますが、その時、イエス様は天の父のみ旨に従うことが自分の糧であると言われました。私たちは毎週あるいは毎日ミサでご聖体であるイエス様の体を、心の糧としていただきます。このパンをいただくことは、神様のみ旨をしっかり見極め、それに従う生き方をするよう努力するべきでもあるのでしょう。今日は、この生きたパンを食べるならば、永遠に生きるのだと言われました。ご聖体をいただき、神様に従うことを心の糧として生きるならば、本当の幸せを手に入れ、いつまでもその幸せに浸ることができるのです。
 
信じなさい
2015-08-02
ヨハネによる福音 6章 24−35節

ヨハネの福音書は、ヨハネの長い黙想の結果が現れていると言われています。今日の箇所は、実際の出来事よりもヨハネが黙想をして得た深みが詰め込まれているように感じます。ここでは、お腹を満たす食べ物ではなく、心を満たすものの大切さを述べています。イエス様こそ、乾いた私たちの心を潤し、満たされない思いを取り去って、本当の幸せへと導いてくださるのです。そして、ここで強調していることは「信じなさい」。そんなイエス様を信じなさい。それだけで心には幸せが満ちるでしょうと。イエス様を信じれば、神様のために精一杯働くようになるでしょう。普段している勉強や仕事を神様のために、誰かに対する優しい振る舞いを神様のために、友達と遊ぶ時も神様のために、誠実にその物事と向き合うのです。これほど充実した人生はないのではないでしょうか。
 
5つのパンと2匹の魚
2015-07-26
ヨハネによる福音 6章 1−15節

この、5つのパンと2匹の魚を5000人の人が食べて満腹した話は、4つの福音書すべてで取り上げられています。そして、この福音箇所を、多くの人々が様々な考えで捉えています。人々のかたくなな心を見たり、人々の感動を見たり、人々の分かち合いの精神を見たりします。
大勢の群衆が後を追ったのは、「イエスが病人たちになさったしるしを見たから」として、人々の目先の利益を求める姿が表されたり、
フィリポとアンデレの違いを見ながら、少年がパンと魚をアンデレに持ってきた所から、アンデレの近づきやすさや親しみやすさを見たり、
あるいはアンデレがその少年に気づいたことから、アンデレはよく気が付く人だったことが読み取れたり、そのようなことからアンデレは教育者の模範であるとも言われています。
また、少年が持っていた5つのパンと2匹の魚は、一人分にしては多すぎることから、初めから分かち合うつもりで持っていたと考えられたり、
「草がたくさん生えていた」という表現から、生き生きした命がそこにあることを表していたり、
「イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、・・・人々に分け与えられた」と、最後の晩餐をほのめかしていたり、ミサの先取りであったり、
「パンの屑」は、クズだけど、12の籠いっぱいになることで、神様を賛美しているのだと捉えることができたり。
このようにこの福音箇所には多くのメッセージが含まれています。これを黙想し、今の自分はどの部分に心がとまるか、この中から何を深めたいかは、その時々、その人それぞれでしょう。福音書の豊かさを感じます。

―――――――――――――

聖マリアの無原罪教育宣教修道会

名古屋(本部)
〒464-0812
愛知県名古屋市千種区園山町1-56
TEL.052-781-3784
FAX.052-781-3718

(共同体)

TEL.052-782-5850
FAX.052-782-5891
※修道院、土曜学校はこちらにお連絡ください

―――――――――――――

岐阜共同体

〒501-2565
岐阜県岐阜市福富201

TEL.058-229-3985
FAX.058-229-3985

―――――――――――――

神戸共同体
〒651-0054
兵庫県神戸市中央区野崎通1-2-11

TEL.078-222-5582

FAX.078-222-5582
―――――――――――――
039534
<<聖マリアの無原罪教育宣教修道会>> 〒464-0812 愛知県名古屋市千種区園山町1-56 TEL:052-781-3784 FAX:052-781-3718