聖マリアの無原罪教育宣教修道会では、子どもたちや若者たちがキリスト教的教育を通して真の幸福を見つけられるようお手伝いしています。

 

青少年の教理

 

典礼

典礼
 
十字架の道行
 四旬節にはよく十字架の道行をします。一般的にされている十字架の道行、バラバラに見せられたら、順番が分かるでしょうか。道行の場面が1枚ずつの絵になっているものを準備します。順番の数字は消しておきます。グループに1セットずつ配ります。グループで話し合って、それを順番に並べましょう。最後にお御堂に行き、答え合わせです。
 
ミサ
  中高生くらいになると、教理や典礼の意味、聖人の祝日などに興味を持つようになります。普段預かっているミサも、流れは知っていても全ての場面で意味があって、その意味に基づいて順序も決められているということはあまり知らず、それらを知ることで、より意識してミサに預かることができるでしょう。
まず、ミサの流れを書き出します。それぞれの場面の意味を説明したり、これはミサのどの場面のことなのかを明確にしたり、クイズ式にしたり、メリハリをつけてミサ全体をみましょう。
次に、ミサの中での信徒の動きを見ます。「立つ」「座る」「ひざまずく」「礼をする」「行列」「歌う」「応唱する」「宣言する」「沈黙する」「十字を切る」「手を合わせる」。その中で「立つ」と「座る」に注目することにします。「立つ」には、積極的・復活に預かるという意味があり、「座る」には、観想的な祈りの姿勢・神のことばに耳を傾けるという意味があります。そして、「立つ」は赤、「座る」は青 に、ミサの全ての部分を色分けしてみましょう。そうするだけで、ミサのどの場面ではどんな心構えでそこに臨むべきかが分かります。
また、1〜5の各部分には、それぞれクライマックス、重要な部分があります。例えば、1開祭の儀では「栄光の賛歌」が最も大切で盛り上がる部分です。このように、それぞれのクライマックスを当てるのも楽しく、後でミサに預かるときも、その部分を意識して預かることができます。

参考:
入祭の歌(行列)・・・神父や侍者など一部の人のみが行列するが、私たちも同じ心でそこに臨む。家を出るときからその行列は始まっており、ミサを意識して心の準備をしながら教会に向かうことも大切。
朗読・・・第1朗読と福音の内容はつながっているものが選ばれている。第2朗読は、その日に特別に深めたいものが選ばれている。答唱詩編は第1朗読の内容で、アレルヤ唱は福音の内容で歌われる。A年はマタイ、B年はマルコ、C年はルカ。
説教・・・みことばを受け入れ、生活の中にいかすよう、信者を励ますもの。
叙唱・・・最後の晩さんの記念。感謝と賛美をささげる祈り。
感謝の賛・・・叙唱の感謝と賛美の祈りに声を合わせて、皆で歌う。
奉献文(感謝の祈り)・・・ミサの中心(聖変化)
聖体拝領・・・一つのパンを分け合う。キリストとの一致⇒ミサの前にパンをコポン(パテナ)に入れるのは、自分が拝領するためのホスチアの準備でもあるが、自分自身をささげる、ミサへの積極的な参加をも意味している。
お知らせ・・・ミサと生活とは切り離すことができない。ミサを通して受けた力を、派遣されることによって、生活の中に反映していくことを期待している。
 
聖霊降臨
 聖霊とは、聖なる霊、つまり神様の霊・力です。三位一体の観点からみると、聖霊とは父と子の間に流れる愛であるとも言われています。聖書には、復活体験した後の弟子たちが聖霊に満たされて、勇気をもって力強く、福音を宣べ伝えていく姿が描かれています。聖霊は、私たちに恵みを与え、私たちを励まし、神の子として生きる力を与えてくれます。
教会は、そんな聖霊のたまものが、どんなものであるかを、具体的に示しています。
〇聖霊のたまもの(プレゼント)
・上智(じょうち)――神の働きを知る恵み
・聡明(そうめい)――正しい生き方を理解する恵み
・賢慮(けんりょ)――善悪の正しい判断ができる恵み
・勇気(ゆうき)――恐怖を克服し、信仰を全うするための覚悟をもつ恵み
・知識(ちしき)――神の言葉を知る恵み
・幸愛(こうあい)――神を愛し、神や教会に対する深い崇敬の念を抱く恵み
・神への畏敬(いけい)――神の偉大さや崇高さに対する畏れと尊敬の念を抱く恵み
そして、この聖霊のたまものをいただくことによって実る徳があります。
〇聖霊の実
・愛・・・無償の愛
・喜び・・・心に満ちる喜び
・平和・・・心が穏やか
・忍耐・・・苦難を耐え忍ぶ
・寛容・・・心が広くて、他人の言動を受け入れる
・親切・・・相手の身になって、その人のために何かをする
・善意・・・よい心
・謙譲・・・へりくだり、ゆずる
・誠実・・・真心をもって人や物事に対する
・柔和・・・優しくて柔らかい
・節制・・・快楽の誘惑を抑え、この世の善を程よく使用する
・貞潔・・・大切な人を愛する

―――――――――――――

聖マリアの無原罪教育宣教修道会

名古屋(本部)
〒464-0812
愛知県名古屋市千種区園山町1-56
TEL.052-781-3784
FAX.052-781-3718

(共同体)

TEL.052-782-5850
FAX.052-782-5891
※修道院、土曜学校はこちらにお連絡ください

―――――――――――――

岐阜共同体

〒501-2565
岐阜県岐阜市福富201

TEL.058-229-3985
FAX.058-229-3985

―――――――――――――

神戸共同体
〒651-0054
兵庫県神戸市中央区野崎通1-2-11

TEL.078-222-5582

FAX.078-222-5582
―――――――――――――
038570
<<聖マリアの無原罪教育宣教修道会>> 〒464-0812 愛知県名古屋市千種区園山町1-56 TEL:052-781-3784 FAX:052-781-3718