聖マリアの無原罪教育宣教修道会では、子どもたちや若者たちがキリスト教的教育を通して真の幸福を見つけられるようお手伝いしています。

 

青少年の教理

 

聖書

聖書
 
羊と山羊
聖書では羊は良いもの、ヤギは悪いものに例えられています。マタイの25章31−46節は、羊を右にヤギを左に分けて、右側の人々を祝福し、左側の人々を呪っています。自分は羊かヤギか。
でも、本当に羊を天国にヤギを地獄に分けることができるのでしょうか。
白 い紙を羊に、黄色い紙をヤギに見立てます。半分に折った物をたくさん準備し、上半分にはその人の行動、した半分にはその動機を書いておきます。例えば、羊 である白い紙には、上段に「皆の嫌がる仕事を引き受けた」下段に「皆から感謝され、一目置かれたかった」。ヤギである黄色い紙には、上段に「友達を殴っ た」下段に「他の友達を守るために」など。羊の上段には良い言動、下段にはその良い言動をするにあたって悪い動機を、ヤギの上段には悪い言動、下段にはそ の悪い言動にいたる良い動機や、そうせざるを得ないその人の背景をたくさん書いておき、それらを子どもたちに配ります。1グループに1セットを配り、グループで話し合いながら、天国の箱、地獄の箱、どちらにも分けられない箱に入れていきましょう。
たぶん、ほとんどが天国にも地獄にも分けられないでしょう。私たちはその人の表面的なことで、その人を評価したり判断することはできないのです。不愉快な言動を見たとき、好ましくない言動をされたとき、その人の動機や背景を想像し理解する力を養うことが大切です。

例:羊
「皆の嫌がる仕事を引き受けた」・・・「皆から感謝され、一目置かれたかった」
「自分に悪いことをした友達を無条件でゆるした」・・・「自分に悪いことをしたこの人が、他の人達から好かれているから、ここで怒ったら自分が皆から非難されると思った」
「優しい」・・・「人に嫌われるのが怖い」

例:山羊
「友達を殴った」・・・「他の友達を守るために」
「仲良くなろうと近づいてきた友達に、無愛想にした」・・・「今まで皆からいじめられていて、近づいてくる人を警戒してしまう癖がついている」
「わがまま」・・・「子供の頃から何でも好きなようにしてもらっていたため、それがわがままであることが分からない」

など。
 
思い悩むな
 誰でも悩み事はあるし、人に言えない辛いことをもっている。でも、そんなストレスを溜め込み過ぎると、いつか爆発していしまうかもしれない。
人に言えないなら、神様に話そう。
自分の悩み事や辛かったことを客観的に見た途端に解決することもある。これは、辛かった出来事を客観的に見るための物。
どんな出来事だったか。それに対して、自分はどんな行動をとったか。何を思い、考えたか。何を感じ、どんな感情をもったか。そして、どうなっていたら良かったと思うかなどを目に見えるように書いてみよう。
内容は人に言えなくても、このような作業をした後に感じたことを、分かち合うのも良い。
 
たとえ話
 たとえ話は、当時ラビが弟子たちに教えるための方法として、一般的に用いられていたものです。当時の人々の身近にあったことを取り上げてメッセージを伝えていたため、当時の人々にとっては分かりやすく話してもらうための一つの手段でした。
しかし、現代の私たちと当時の人々とは、文化も習慣も、考え方も価値観も全く違います。そのため、聖書を読む時、そのメッセージがつかみにくくなっていることも、多々あります。
でも、聖書とは、神様の言葉です。神様は今も私たちに、聖書を通して話しかけています。たくさんあるたとえ話の中から、今の自分に語りかけている神様のメッセージを探してみましょう。
そして、そのメッセージを自分の言葉で目に見える文字で表すと、また違った観点も見えてきます。そして、自分の考えもまとまりやすくなり、分かち合いの手助けにもなります。
 
「求めよ」
  聖書では「求めなさい。与えられる。」と言っている。
でも、実際に、自分は何を求めているのだろうか。
こうしたい、こうなってほしいという願望はあるけれど、それは本当に自分が望んでいること?
たとえば、おいしいものをたくさん食べたい。でも、本当は太りたくないから、その「食べたい」という願望は、私の望みじゃない。
なら、学校、大学、仕事場における私の望みは何だろうか。家族に対して、友達に対して、そして、神様に対して。
 
天地創造
 まず、創世記1章、「天地創造」の場面を読みましょう。学校で習う世界の始まりや進化論とは随分違います。学校で習ったこれらは、科学的に証明された現代における事実です。でも、よく見ると、科学の事実と聖書は同じ事を言っています。
宇宙ができる前は「無」でした。「無」は科学的にはゆらいでいます。聖書はどうでしょう。初めに何もなく、「混沌であって・・・」「神の霊が水の面を動いていた」。同じではありませんか?
そして初めに神様は何をつくったでしょう。「光」です。宇宙の始まりを見てみましょう。「無」はゆらいでいたために「むら」ができ、その「むら」の濃い所にエネルギーが発生し、今から137億年前、一気に爆発します。光に満ち溢れたビッグバンです。ビッグバン当時の光が現代の地球にまでも届いているほど、ビッグバンの力は偉大でした。そして神様はこの「光」を「良しとされた」のです。
次に神様は「大空」と「水」をつくられました。ビッグバンの後、初めにできた物質は水素とヘリウムです。水素は水を構成する元素です。
順番は逆になりますが、神様は太陽と月、星をつくりました。宇宙もそうです。唯一の物質であった水素とヘリウムが多く集まっている所は、互いに引きあう力(引力)によって、もっと多くの物質を引き寄せます。すべての物質には引力が働いているのです。そして集まった物質は強大な圧力により燃え、輝き始めます。恒星・太陽の誕生です。水素とヘリウムのみの恒星は、寿命が短く、超新星爆発を起こして死にます。その超新星爆発の熱やエネルギーにより、鉄や炭素など、他の物質がつくられました。それらの物質がまた引力により集まり、新しい星が誕生し、と同時に鉄や炭素を主とする惑星も誕生しました。「大地」の創造です。聖書には2日目に天と地を創造し、「良しとされた」となっています。
水の惑星である地球が誕生したのは今から46億年前です。灼熱の星であった地球が雨により冷え、生命が現れました。一番初めの生命は植物です。聖書でも、動物をつくる前に「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ」と、神様は言われます。これは第3の日です。
そしていよいよ動物。初めは水の中の生き物です。そして、徐々に複雑な鳥類や哺乳類などが現れていきます。ここまでは第5の日。進化論では、サルからヒトになったと言います。聖書でも、人間は最後に創造されたのです。
簡単に流れのみを見ましたが、ビッグバンから進化論までの流れを、一つ一つの段階で神様が導き、創造していった様子を見ることができると思います。私達を創造するまでに、ものすごい準備がなされました。この神様の愛を心の底から感じてください。

―――――――――――――

聖マリアの無原罪教育宣教修道会

名古屋(本部)
〒464-0812
愛知県名古屋市千種区園山町1-56
TEL.052-781-3784
FAX.052-781-3718

(共同体)

TEL.052-782-5850
FAX.052-782-5891
※修道院、土曜学校はこちらにお連絡ください

―――――――――――――

岐阜共同体

〒501-2565
岐阜県岐阜市福富201

TEL.058-229-3985
FAX.058-229-3985

―――――――――――――

神戸共同体
〒651-0054
兵庫県神戸市中央区野崎通1-2-11

TEL.078-222-5582

FAX.078-222-5582
―――――――――――――
038572
<<聖マリアの無原罪教育宣教修道会>> 〒464-0812 愛知県名古屋市千種区園山町1-56 TEL:052-781-3784 FAX:052-781-3718