聖マリアの無原罪教育宣教修道会では、子どもたちや若者たちがキリスト教的教育を通して真の幸福を見つけられるようお手伝いしています。

 

子どもの教理

 

祈り

祈り
 
十字架
 イエス様の十字架は、イエス様の私たちへの愛のしるしです。十字架、苦しみがあるとき、イエス様のように、それを誰か他の人のためにお捧げるすことほど、素晴らしい愛の表現はありません。十字架は他の人に対する思いやりなのです。
小 枝をたくさん拾ってきましょう。その枝を2本紐でくくり、十字架を作ります。誰か他の人のために祈りを込めて作りましょう。その際、何かを犠牲にする、あ るいは何か良いことをするを決心します。具体的に何をするかを考えます。そして、その祈りのこもった十字架を壁またはB紙にたくさん貼り、小さな十字架で 十字架の形を作りましょう。最後にみんなで祈りましょう。
 
主の祈り
  主の祈りは、みんながよく知っている祈り。どうして皆、よく知っているのでしょう?それは、イエス様が直接私たちに教えてくださった唯一の祈りだから、いつも唱えているんです。
でも、祈りってただの念仏、呪いではないのですよ。心を込めて唱えなくちゃ、祈りの意味がない。心を込めて唱えるためには、その祈りの意味が分からないとできません。この作業には、主の祈りが2字づつの歯抜けで書かれています。この歯抜けを埋めましょう。そして、その2字の言葉は、それぞれどんな意味なのか考えてみましょう。
「てん(天)」「ちち(父)」「みな(み名)」「せい(聖)」「くに(国)」「かて(糧)」「つみ(罪)」「ひと(人)」「あく(悪)」。。。
 
天使の祈り
天使は神様の使い。いつでも、どんな時でも私たちを守り、導いてくれる。
寂しい時には、慰めてくれる。
疲れた時には、休んだらいいよって言ってくれる。
喧嘩した時には、仲直りしなさいってささやく。
だから、私たちが誰かに優しくしようとする時は、私たちの中に天使がいる。
天使は、私たちが幸せになるように導いている。それは、私たちが自分の周りの人に幸せを与えることをも意味している。私たちは自分のためにも祈るけれど、他者のためにも祈る時、天使が幸せを届けてくれている。

―――――――――――――

聖マリアの無原罪教育宣教修道会

名古屋(本部)
〒464-0812
愛知県名古屋市千種区園山町1-56
TEL.052-781-3784
FAX.052-781-3718

(共同体)

TEL.052-782-5850
FAX.052-782-5891
※修道院、土曜学校はこちらにお連絡ください

―――――――――――――

岐阜共同体

〒501-2565
岐阜県岐阜市福富201

TEL.058-229-3985
FAX.058-229-3985

―――――――――――――

神戸共同体
〒651-0054
兵庫県神戸市中央区野崎通1-2-11

TEL.078-222-5582

FAX.078-222-5582
―――――――――――――
038569
<<聖マリアの無原罪教育宣教修道会>> 〒464-0812 愛知県名古屋市千種区園山町1-56 TEL:052-781-3784 FAX:052-781-3718