聖マリアの無原罪教育宣教修道会では、子どもたちや若者たちがキリスト教的教育を通して真の幸福を見つけられるようお手伝いしています。

 

福音の分かち合い

 
フォーム
 
途中で何を話し合っていたのか
2015-09-20
マルコによる福音 9章 30−37節

マルコによる今日の福音は、イエス様が弟子たちに「人の子は人々の手に引き渡され、殺されて三日の後に復活する」と、ご自分のことについて言われた後に、ガリラヤを通ってカファルナウムに着いてから、弟子たちに尋ねられた質問です。
弟子たちは黙っていました。途中で誰が一番偉いかと議論し合っていたからでした。私たちにんべんの弱さが、この場面で表れています。
イエス様は、欲望をもってはならないと言っているのではなく、人間の弱さを肯定的に乗り越える方法を教えてくださいます。
「いちばん先になりたいものは、すべての人の後になり、すべての人に使える者になりなさい」
そして、この意味が理解できない私たちに、一人の子供の手を取って
「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、私を受け入れるのである。私を受け入れる者は私ではなく、私をお遣わしになった方を受け入れるのである」と言われます。ここでの子供は、大人たちの中に立っている子供でしょう。これは、子供とは罪のない存在、純粋な存在、道徳的に完全である存在の代表として示されているのではありません。彼らは弟子たちとは異なり、誇ったり自慢したりする心がない存在、完全に他の人により頼んでいる存在、完全に依存している存在として示されています。
偉い者になりたいですか?いちばん先になりたいですか?そうであるならば、自分がいるところで、子供のような小さな人、弱い人、力のない人を受け入れましょう。
今、自分が議論していることは何ですか?今、思っていることは公に話せることですか?それは正義にかなう考えですか?
自分の心の中で語ってくださる聖霊が、教えてくださいますように。

シスター ろさ かん
 
自分の十字架を背負って
2015-09-09
マルコによる福音 8章 27−35節

イエス様は、多くの病人を癒し、幸せの便りを宣べ伝えることで、宣教活動されました。その活躍は多くの人を救い、また噂として地方へと広まっていったのですが、人々は目先の幸せ、病気の回復ばかりを求め、また不思議な出来事への好奇心から、イエス様を追っていったようです。そんな時に、イエス様が弟子たちに向けた質問「人々は、わたしのことを何者だと言っているか」。そして、誰もイエス様の本当の姿を理解していないのを見て、「では、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と、質問されました。弟子を代表するペトロの答えは「あなたは、メシア」でしたが、これこそイエス様の本当の姿でした。にもかかわらず、イエス様はペトロを叱ります。ペトロの言う「メシア」像は、「イスラエルをローマから解放してくれる政治的指導者」であったからなのでしょう。「神のことを思わず、人間のことを思って」いたのです。イエス様の一番言いたかった、「自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」という言葉の重さを感じます。本当の救いは、自分の十字架を背負って、イエス様に従うことで得られるのだということなのでしょう。私自身、欠点だれけで、苦手なものもたくさん抱え、使徒職にあたってしんどいと思うことが多々あります。しかし、それらを、ただ克服しようと努力するのではなく、それを自分の十字架として受け入れることで、イエス様との親密さを感じたり、その十字架が喜びになってり、困難を乗り越える力になったりします。しかし、これはただ一度の決心ではなく、常に識別していかなければならないことです。この世の利益を考えているのか神様のことを考えているのか、自分のもっている価値観は、この世的なものなのか神様を中心にした考えなのか。自分の十字架を、イエス様に従うための十字架としていつも選べるよう、意識して生きたいです。

シスター おくむら
 
エッファタ 開け
2015-09-06
マルコによる福音 7章 31−37節

今日の福音では、イエス様は「エッファタ」と言って、耳が聞こえず舌の回らない人の耳と口を開きました。人々の感嘆の声は、「この方のなさったことはすべて、すばらしい」と、人から人へと伝わっていきました。これはこの人の耳が開き、口が開いただけでなく、イエス様の真の姿を目撃した人々の目が開き、感動を呼んで心も開き、さらには信仰までも開いていったようです。今日の福音では、「エッファタ(開け)」という言葉に重点がおかれていますが、耳が聞こえてもみことばに耳を傾けない人の耳を開き、話すことができても福音を宣べ伝える勇気のない人の口を開き、目が見えても本当の幸せに気づかない人の目を開くことを、イエス様が望んでおられるのを、この福音から感じ取ることができます。
 
人間の心から、悪い思いが出て来るのである
2015-08-30
マルコによる福音 7章 1−8、14−15、21−23節

今日の福音でのファリサイ派への批判は、昔の人の言い伝えばかり守っていることに対するものでした。食事の前に手を洗うことや市場から帰ったら体を洗うというのは、衛生上良いことです。どんな食べ物が衛生上きれいで、何が食中毒を起こしにくいか、昔の人は経験からそれを知っていて、言い伝えとして残したのでしょう。だから、これらは良いことなのですが、これらを宗教的なものとして捉え、そうすることで自分は救われ、天の国へといけるのだと教えていることに疑問をもったのでしょう。イエス様は、手や体を清めるのではなく、心を清めなさいと強調されました。人を汚す罪は、手や体(外のもの、他者や出来事)ではなく、自分の心の中から湧き出てくるものなのだから、どんなに手や体を清めても、外のものを排除しても、他者や出来事のせいにしても、自分の罪を取り去ることはできません。そんな話としてこの福音箇所を読みましたが、表面よりも内面を重視したいという意味でも考えさせられました。どんなに優しそうに振舞っても、どんなに聖堂で祈っていても、自分の心の中はいったいどうなっているのか、何を考えて人に親切にし、どんな心で祈っているのか、突き詰めれば突き詰めるほど、難しい課題に思えてきます。
 
2015-08-23
ヨハネによる福音 6章 60−69節

多くのユダヤ人は、「自分の肉を食べ、自分の血を飲みなさい」というイエス様の言葉につまずき、離れていきました。ユダヤ人に限らず人間の肉を食べることはとんでもないことですが、ユダヤ人にとってはそれだけでなく、人間の血でなくても、動物の血を飲むということは律法に反することで、もっととんでもないことだったのです。これがご聖体のことであると知らない人にとっては、離れていくのは当然のことです。しかし、イエス様はご整体のことを話しており、キリスト信者である私たちは、イエス様の肉はまことの食べ物、イエス様の血はまことの飲み物であると、信じています。そして、それが永遠の命に繋がることも。さらに、今日の福音では、イエス様の言葉は、霊であり、命であると言っています。肉と血だけでなく、言葉も命なのです。イエス様の存在すべてが、私たちを生かす命なのだと考えさせられました。最後には多くの弟子たちも離れ去って行きましたが、12の使徒だけは、イエス様のもとに留まりました。使徒たちを代表して言ったペトロの言葉に惹かれます。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」

―――――――――――――

聖マリアの無原罪教育宣教修道会

名古屋(本部)
〒464-0812
愛知県名古屋市千種区園山町1-56
TEL.052-781-3784
FAX.052-781-3718

(共同体)

TEL.052-782-5850
FAX.052-782-5891

―――――――――――――

岐阜共同体

〒501-2565
岐阜県岐阜市福富201
TEL.058-229-3985
FAX.058-229-3985

―――――――――――――

神戸共同体
〒651-0054
兵庫県神戸市中央区野崎通1-2-11
TEL.078-222-5582

FAX.078-222-5582
―――――――――――――
017405
<<聖マリアの無原罪教育宣教修道会>> 〒464-0812 愛知県名古屋市千種区園山町1-56 TEL:052-781-3784 FAX:052-781-3718